FC2ブログ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

い・ず・み

Author:い・ず・み
日夜、エッチな妄想に明け暮れる日々。その淫らなシーンを覗いてみてください。


はじめまして

バラの花2008

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログランキング


FC2ブックマーク


FC2チャット


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:妄想
僕は 心地よい揺れに いつしか眠りについていた

駅に着いてふと目が覚めると 一人の女性が入ってきて 向かいの席に座った

黒いハーフコートにミニスカート そして 黒のタイツに包まれたしなやかの脚線

ストレートの長い黒髪に真っ赤なルージュ

上目遣いに 視線が釘付けになった

彼女は ショルダーバックから携帯を取り出した

携帯に集中していて 僕の視線にはまったく気づいていない

彼女の唇の隙間の奥で 舌が前歯の先をこするように動いていた

癖なのか・・・

彼女はコートを脱いだ

ピンク色の薄いワンピースは 下着のように透けていた

茶色のブラジャーが くっきり写っている

その後 しばらく眠りについた僕は 次の瞬間 驚いた

ワンピースを脱いだかと思うと ブラジャーまではずし

僕のほうを見て 微かに笑った

豊かな乳房を 両手で下から包み込むようにして 揉みはじめた

人差し指で小さく円を描くように 乳首をくりくりさせ・・・

心地よい表情になっていった

あぁーー はぁーーーっ

微かなあえぎ声が漏れた

パンティを脱ぐと 足をシートに上げて大股を広げた

茂みの中に ピンク色の花びらが見えた

その花びらの中に 指を入れて小刻み動かしはじめた

あっはぁーーん ふっうぅーーっ

彼女の指先が 的確に敏感な部分を捉えているのか・・・

次第に恍惚な表情になっていく

あえぎ声も 激しくなっていく

あっああーっ 亜ぁーーいいわぁーーっ

腰が 前後に揺れ始めた

乳首を刺激する左手も 蜜壷をまさぐる右手も

小刻みに動き続け 腰がグラインドし始めた

ねぇっ 早く きてぇーーっ

おねがいっ もう だめぇーーーっ

あっ あぁーっ ああぁぁぁーーーっ

蜜壷から 透明な液体があふれ出し

シートがしみになっている

ピチャ ピチャ ピチャ

指先の動きにあわせて いやらしい音がする



僕は スーッと立ち上がりベルトに手をやった瞬間

目の前の彼女は もとのコート姿に戻っていた

夢だったのか・・・

僕は何事もなかったように 座りなおしたが

股間は はちきれんばかりの状態で ズボンの中で圧迫されていた



彼女は 次の駅で降りていった

そして 彼女の座っていた座席には びっしょりしみがついていた
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

キャラクター腕時計

キャラクター腕時計を探すなら http://www.mladickrealty.com/216129/501263/

はな爛々さんへ

はなさん、お久しぶりで~す♪
はなさんだったら・・・ポールを股間に挟んでスリスリってするのかな? じゃあ、つり革持って立ちバックでズンズンっ突いて あ・げ・る♪
病み上がりなら、無理しないでね~!

寒中お見舞い申し上げます

ご無沙汰しております!遅くなってごめんなさいm(__)m
寒いですが お元気ですか?
昨年は 色々とお世話になりました
今年も いずみさんの素敵な妄想ワールド
堪能させていただきます!!
宜しく お願い致しますね

テンプレート やけに爽やかになりましたね
素敵です(笑)
このギャップがいいなぁ・・・
日常と妄想が交錯する その狭間を
すり抜けてみたいと思います ふふ

私だったら・・・
コートをするっと落とし シートの間にある
ポールで遊んじゃうかも・・・
最後は・・・バックでくちゅくちゅしちゃいます
あぁ・・ん
いずみさん・・して・・・(笑)

実は年末より体調が優れず
ずっと更新ができずにいました
ぼちぼちやっていこうと思います・・・
また気が向いたら お立ち寄りくださいね

レイコさんへ

ありがとうございます。想像して、濡らしてもらえたのなら、とっても光栄です。レイコさん、ぜひ演じてみてください。なんなら電車を貸切りますよ・・・笑

ruruさんへ

ruruさんも妄想の世界をお持ちなんですね。ruruさんの淫らな妄想も覗いてみたいですね。

淫らな夢
よかったわぁ~
描写が細かく描かれ 想像しやすくて官能刺激されて つい 昼間一人の部屋で いけない事を。
黒いコートの女、ピンクの薄いワンピに茶色のランジェ
演じてみたくなりました。でも電車の中の 撮影は無理ねぇ。

こんばんは

現実と妄想と想像の世界が

交差してるような感覚を読んでて感じました

まるで。朝起きた時に。ふと自分が想像してしまう

妄想の世界かも☆

そんな妄想は。自分の中で。楽しんでます♪

みだらな妄想を☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 妄想の館 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。