FC2ブログ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

い・ず・み

Author:い・ず・み
日夜、エッチな妄想に明け暮れる日々。その淫らなシーンを覗いてみてください。


はじめまして

バラの花2008

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログランキング


FC2ブックマーク


FC2チャット


DATE: CATEGORY:妄想
達也は 藍子の手を引っ張って 会議室に入った

「ここなら 誰にも見られる心配はない
 さあ さっき君がしていたことを・・・
 もう一度 ここでやって見せなさい!」

「はいっ」

藍子はスカートをまくり パンティの中に手を入れ
小刻みに 指を動かした

「違うだろう
 もう片方の手は どうしたんだっ!」

藍子は 左手で胸のボタンを外すと
ブラジャーの上から おっぱいを揉んだ

 あぁ はっあぁぁーーん

藍子の口から あえぎ声がもれた
パンティを下までずりおろし
両脚が 徐々に広がっていく

椅子の上で のけぞり
天井を見つめるようにして
右手の中指で 恥豆を 小刻みに刺激し続ける

 あっ あぁっ はっ うぅぅぅーーん

左手は ブラジャーをずり上げて・・・
乳首を 指の間に挟んで
直におっぱいを 揉み始めた

 あっあぁぁぁーーん ふっうぅーーっ

「もっと 脚を広げてみろっ
 そうだっ
 真面目そうな顔をして・・・
 影で こんな淫らなことを していたんだなぁ
 この 淫乱女!」

「ごっ ごめんなさいぃ~っ
 でっ でも・・・
 身体が 疼いてきちゃって・・・
 我慢できなくて・・・
 あっ はああぁぁっ あぁぁーーっ」

「おぉーっ すげえなぁ
 おま○○がぁ・・・ ぱくぱく口を広げて
 いやらしい よだれを垂らしてるぜっ」

「いやぁーん はっ恥ずかしい~っ」

「どれどれ~っ
 おま○○の中の具合を 確かめてみるかぁ」

達也は 蜜壷の中に指を入れた

 うっうぅぅーっ はっああぁぁぁぁぁーーっ

「おぉーっ すげぇ 締めてくるじゃないかぁ
 濡れ具合も ばっちりだぜっ」

達也は 指をゆっくりとピストンさせ・・・
徐々に激しく 蜜壷の中を掻き回した

 ピチャピチャ ピチャピチャ~ッ

 うっぅっ ぐうぅぅっあぁぁぁぁぁーーっ
 だっ だめぇ~っ
 そっそんなに 激しく動いたら・・・
 かっ かんじちゃうぅぅぅっ
 そっ そこが・・・ いっいいわぁーーっ

達也は 乳首を口にふくみ
舌で 転がしながら・・・
二本の指で 激しく蜜壷を掻き回した

 あああぁぁぁぁぁーーっ
 すっ すごくっ いぃぃーーっ
 だめっ だめよーーっ
 もう・・・ だ め ぇ~っ
 いっちゃうぅぅぅーーっ
 あっ あぁぁっ うっうぅぅぅーーっ
 ひっいぃぃぃぃーーーーーーーっ

「感度も いいじゃねえかっ
 オフィスに置いておくのは もったいねえなぁ」

「おっ おねがい・・・
 あなたの 硬いおちん○○を
 入れて くださいぃぃ~~っ」

「おいおいっ
 今 いったばかりなのに・・・おねだりかぁ
 しょうがねぇなあ」

達也は ズボンとパンツを脱ぎ捨てた
股間には 大きくそそり立ったモノが
天を仰いでいる
次の瞬間 藍子は そのそそり立ったモノを
口にくわえて しゃぶり始めた

「おいおい・・・
 お前は・・・本当に 淫乱だぜっ
 うっ うぅぅーーっ」

達也は 藍子の口から肉棒を引っ張り出すと
蜜壷をめがけて 挿入した

 はぁぁっ うぅっあああぁぁぁーーっ
 すっ すごくぅ 大きくて・・・
 なんて 逞しいのぅ
 あぁぁぁぁーーん すてきぃ~っ

「すげぇ 締まるなぁ
 うっ うぅぅーーっ
 こっこんな おま○○ はじめてだぜっ」

達也は 藍子のお尻をわしづかみにして
前後に動かした
徐々に 腰の動きも加わり
激しさをましていった

 パーン パーン パーン

 うっ ぐうぅっ はっあぁっ
 わっあぁぁっ ふっあぁぁっ
 すっ すごくぅ いっいぃぃーーっ
 あっ はあっ うっはあぁぁぁーーっ

「ほれほれっ
 お前も もっと 腰を動かすんだ!」

 パーン パーン パーン

 ぁぁぁぁぁ はっあああぁぁぁぁーーっ
 こっこんなぁ・・・ 激しくされたのっ
 はじめてよーーっ
 もっと もっとーーっ
 めちゃくちゃに・・・ してぇーーっ
 あっ あぁぁぁぁぁぁぁーーーーっ


 


 


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

むらさきさんへ

会社には 会議室が無駄に在り過ぎるのは・・・そのためなんでしょうか?

いいですね~
会議室でなんて・・・
今の私には刺激的すぎます・・・・

はな爛々さんへ

はな爛々さんは 逞しい人を ご所望ですか?
望みが かなうといいですね。なんなら 僕が・・・♪

うふふ

オフィスシリーズ いいですねv-238
こんな 逞しい方に されてみたいものです うふっ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


-


管理人の承認後に表示されます



copyright © 妄想の館 all rights reserved.Powered by FC2ブログ